PHPの基本

前のページからデータを受け取ろう!PHPの基本中の基本の動作がここで理解できます。 前のページからデータを受け取ろうエラーはベテランのプログラマーでも必す出るものです。長いプログラムを手で打つのですから、間違えて当たり前なのです。むしろ一発でプログラムが動いたら本当か!? と疑った方がいいくらいです。 エラーの対処法にはだいたいお決まりのパターンがあります。 エラーが出ていないので、プログラムは動いています。ただ、何かが間違っているんですね。これをバグ(Bug) と言います。そうです、よく 聞くバグがこれです。例えば、 nickname のスペルは合ってます か?その他、よく見直してみてくださいね。バグを修正することをデバッグ (debug) といいます。エラーを修正するのはもちろんのこと、エラーが出ていなくても、おかしな動作を正常な動作に直すこともデバッグです。 データが受け取れた! さあ、エラーやバグが取れたらついにページ間でのデータの受け渡しに成功しました。さあ、仕組みを知りましょう。 これが $_POST[$_POSTには前のページの <form></form> から送られてきた入力データが詰まっています。中を見るには、カッコ口の中に項目名を入れます。入力されたデータを見るとできるわけです。それをprint 命令で表示しているの です。分かりましたか?print 命令が3行あります。 10 行目で「ようこそを表示し、 11 行目で入 力されたデータを表示し、 12 行目で「様」を表示しています。改行を入れてないので、続けて」「ようこそ 00 様」と表示されるわけです。けっこう単純な仕組みなんです。