if文のネスト

if 文にある条件判断の流れの中で、更に条件判断を行って処理を分けることもできます。この場合、 if else などの fU fU の間に、更にif文を入れます。このようなことをネスト (日本語では「入れ子」) と呼びます。 たとえば、大人/子供と曜日によって、 1ゲームの料金が変わるゲ ームがあるとします。このゲームを行ったときの料金を求めるスクリプトを作成してみましょう。 大人/子供のa情報は変数$gen に入っていて、曜日は変数$wday に入っているとします。この場合、スクリプトを作成すれば、料金を求められ ます。変数$gen の値を調べて、子供か大人かで処理を分けて います。そして、それぞれの処理の中で、再度if 文を使用して変数$wday の値を調べ、それに応じて変数$charge に料金を求めています。 なお、 if文をネストさせる場合、内側の if 文は外側よりもインデントを探くして、 内側/外側の区別がつくように文を書くことをお勧めします。