デザインを意識してWEBサイトのレイアウトを構築する

WEBサイトを構築する上で、意識したいのが全体的なデザインです。人は直感的にWEBサイトの雰囲気をチェックし、自分のセンスに合うか、直感的に答えを導き出します。いわゆる読みづらいWEBサイトは、あっという間にタブを閉じられる可能性があります。文字は読みやすいフォントのデザインにし、サイズも視認性を意識したいところです。ポピュラーなデザインのフォントは視認性に優れており、老若男女問わず読みやすく、情報が感覚的に伝えやすいです。

テキスト中心のWEBサイトよりも、適度に画像や動画を配置したWEBサイトの方が今日の流行にマッチします。文章の内容を補足するように、説明の図画やグラフ画像を挿入すれば、説得力が増すでしょう。トップページには、サイトコンテンツを象徴するキャッチコピーやロゴマーク、イラストなどを掲載しておけば、初めて訪れたインターネットユーザーにどういった目的のサイトなのか、感覚的に伝えられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。