提案書はビジネス文書としても重要

Web制作のプロジェクトを受注できるかどうかの大事な局面ともなるプレゼンテーション。そこて使用される提案書の完成度いかんがその後の結果を左右すると言っても過言ではないでしょう。

ここで気をつけておきたいのは、すべてのステークホルダー((プロジェクトの)利害関係人)がプレゼンテーションに出席しているとは限りません。

そう考えると提案書というビジネス文書として、プレゼンに参加していなかったステークホルダーがその提案書だけで判断する場合もあり得るでしょう。

趣旨や具体的方策が文面から明確に読み取れるような記載とすることが重要になってきます。

強調したい点を上手に見せる手法(ビジュアル的など)とともに、プロジェクトマネジメントという点でも重要な書面となって入りことを念頭に作成することが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です