要件定義

要件定義の役割と言うのは、発注者と制作者がプロジェクトの「核」となる「目的」という次元を根底に置き、プロジェクトを把握できているかチェックするという意味もあるでしょう。

この時点で考えや情報が不十分であったり、不明確な点が一つでもないかというチェックをしておくことで、発注者からの厄介な後出し要望や、考え方のブレというものに対し、しっかりと釘をさすことができるでしょう。

しかし、わからないことが多すぎるからと言って、すぐに発注者側に質問を乱発するというやりかたは、むやみに相手の時間を奪うことにもつながり、関係性にも支障をきたしかねないため、手順書やガイド、マニュアルなどをあらかじめ提出してもらい、提案書や、打ち合わせの段階で、お互いの理解を確認しながら、明確な決定事項を掘り下げて行くことが望ましいと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です