ネットユーザー間のトラブルを考える

ユーザーが拡大化をみせるネット上のCtoCは、個人と個人のモノやサービスの取引を簡素化したことが爆発的なユーザー数の拡充を生み出しているようです。利用者が増えればその分だけ、トラブルの発生も否めないところでもありますが、ネット社会におきましては個人と個人の間の相互間の見えずらさが、大きなトラブルの発展につながっているケースも多いようです。「購入した際の商品が待てど暮らせど届かない」といったようなコメントは、CtoCに限らずネット通販サイトなどのコメント欄にも数多くみかけることもありますが、CtoCにおけるこのような個人間の取引におけるトラブルは、どの程度サイト運営者が関与にあたるのかなどもその後のトラブルの解決法に大きく影響を及ぼすようです。登録無料など、サービスの使いやすさから個人取引に関するサービス使用上の注意書きなどに目もくれず、各社のサービス利用に没頭する人々のなかには実際にトラブルが発生しても取引の多さからトラブルの発生自体に気付いていないようなユーザーもいるようなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です