ホームページの相互作用

皆さんがご自分の店舗のホームページ制作を行った際には、必ず第三者的な目線でお客様となってご自身のホームページを訪れてみて下さい。その時感じたことが、おそらくサイトをご訪問されたお客様のお気持ちに共通する目線となるのではないでしょうか。実際に、ご自身のホームページをお客さま目線で訪れてみると、運営側からは気づけないような問題点や改善点に着目されるのではないでしょうか。ホームページは、運営側からの一歩通行な配信ではなく、お客様からのご訪問によってはじめて、運営側からの情報配信が伝えられるわけでありますから、ただ単に文章を書いて写真を貼ってグラフや図で説明をしながら、デザイン性の高いサイト内のコンテンツを作れば、そこで完成品となるわけではありません。サイトを運営していく上でお客様からのご意見やサイト内での行動といったものがともなってはじめて皆さんのホームページが活かされてくるのです。まずは、お客様が皆さんのサイトを訪れてくれることがサイト運営におけるファーストステップとなりますが、さらにはそこから自由自在に皆さんのホームページ内でアクションを起こしてくれることが、何よりも大切な目的要素ともなってくるでしょう。ホームページ制作は、WEB上での活動になりますが、皆さんのお店に直接訪れるお客さまをおもてなしするような相互的な関係性のなかでのコンテンツづくりが求められてくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です