別のページにジャンプする

検査というのは、メールアドレスはとても複雑になってしまいます。メールアドレスの書式はRFCと呼ばれる文書によって定義されています。正規表現でチェックするよりも、簡単なチェックを施した方がいいようです。実際のチェックは目視での確認、実際にメールを送ってチェックということをしてください。ウェブサイトを閉鎖をしたり、引っ越したりするといった場合、別のURLにジャンプさせたいと思います。HTMLのmeta要素やJavaScriptなどでも可能です。もちろん、PHPでも行うことができます。別のページやサイトに移動させたいなら、headerファンクションを使うといいようです。headerファンクションは、ジャンプをさせるためのファンクションではありません。ウェブページのヘッダ情報を出力するためのファンクションとなります。そのため、パラメータ次第で「エラーとしてウェブプラウザに認識させる」「ファイルをダウンロードさせる」「ウェブプラウザのキャッシュ機能を無効にする」といったところですう。移動先のURLには[https://」から始まる、他のサイトのURLや「…/」などから始まる相対パス、「/」から始まる「ルート相対パス」などが利用できます。これらを使って、別のページに移動させることができます。ページを移動するときは、それ以降のプログラムが実行されないように「exit()」ファンクションをあわせて記述しておくということです。exit()ファンクションは「プログラムを停止させる」というプログラムで、それ以降のプログラムが実行されるのを防ぐという働きをします。利用するときはセットで覚えておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です