実行用フォルダにコピー

起動画面を作って、起動完了ですが、途中で、セキュリティの警告が表示されるということが起こります。それは「ブロックを解除する」ボタンをクリックsていおくとよいです。それからファイルを実行用フォルダにコピーしましょう。「C:\xampp\htdocs」これはインストール先フォルダによって、一部異なります。sample01.phpというファイルを実行するには、Webプラウザにアドレスを打ち込みましょう。http://localhost/sample01.phpです。データベースの一種であるMySQL。これはMareaDBっという名前で聞く人も多いかもしれません。XAMPPのWebページにも含まれているソフトとして「Apache+MareaDB」と記載されているそうです。MySQLとMariaDBというのは、ほぼ同じものを指しています。MySQLをOracleが買収したのですが、それのために、自由に開発できなくなったということで、MySQLn元の開発者の人達が中心となってプロジェクトが立ち上がったというのが、mariaDBです。現状はMySQLとMareaDBの互換性は完全であり、それが保たれているということで、ほぼ同じものとして扱うことができます。Macの場合もダウンロードから始めます。http://www.mamp.info/en/index.htmlというところから、MAMPを選んでダウンロードしましょう。ダウンロードしたら、ファイルを起動します。セットアップ画面が表示されたら、その指示に従ってセットアップを進めていきましょう。「MAMP」か「MAMP PRO]を選ぶ画面が初回の起動したときに出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です