プログラムの中身を見てみよう

プログラムには「こういった時にはこう対処する」というたくさんの処理が書かれているのだそうです。人間には高度なことをやっているなと思うような事ばかりなのですが、実際にプログラムを見てみると具体的に「このような入力があった場合にはこのような出力を行う。」というような内容が記入されています。プログラムには多くの場合とそれに対する対処法が記載されているという事だそうです。コンピューターは高速な計算などは行えますが、曖昧な指示を理解するのは苦手なのだそうです。そのため事細かに「このようなデータが来た時にはこのように対処を行うように」と場合と対応を教えてあげる必要があるのです。良くない伝え方の例としては「ここをこう、なんかうまいこと分かりやすいように処理しといて」というような伝え方です。こう伝えられるとコンピューターは「うまいこと…??」と伝えられたものが理解できない状態になってしまいます。その他にも例えを上げるとするなら、料理を作るのが初心者の人にメニューをお願いし、作ってもらう場面を考えてみるとしましょう。「オムレツを作ってほしいな。」と伝えたとします。しかし、これだけ伝えてもきっと自分が創造しているようなオムレツは出てはこないと思うのです。もしかしたらオムレツというものの完成形を知らない場合だってあるかもしれません。そのような料理を作るのが初心者の人にオムレツを作ってもらう場合には、1.やりたいこと。今回の場合ではオムレツを作りたいということ。を伝える。2.ボウルを用意する。これは割った卵をかき混ぜるため。3.卵を2つ取り出しボウルに割り入れる。などといったように作る作業を細かく分解し、事細かに料理の手順を伝える必要があるかと思います。プログラミングラムも同様で、「日記が投降された場合は閲覧画面に表示して」とだけ曖昧に伝えるのではなく、「日記が投降された場合はデータベースに保存して」「閲覧画面では最新の記事があるのか確認を行って」「最新記事がある場合は表示を行って」といったように伝えたいものを細かく分解する必要があるのだそうです。この細かく伝えることをブレークダウンと呼ぶそうです。このように伝えたい手順をコンピューターにもわかるようにブレークダウンするのがプログラミングなのだそうです。そのため、コンピューターに伝える際には共通言語であるプログラミング言語を使い、場合と対処について教えてあげるのだそうです。このように場合とその対処についてプログラミング言語を使って記入することをプログラミングと呼ぶのだそうです。プログラミングを行う事でコンピューターに初めて自分のやりたいと思っていることが伝わるのだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です