Webアプリケーションを動かすPHP

インターネットはWebとも呼ばれています。ではアプリケーションとはいったいどんな物でしょうか?
実はアプリケーションはプログラムと意味は同じです。
ですので、インターネット上で動くプログラムのことをWebアプリケーションと呼びます。

Web上でアプリケーションを実行するためのひとつの方法がPHPを使ってプログラムを書いて、コンピュータに
実行させる方法です。

PHP (ピー・工イチ・ピー)の正式名称はハイパーテキストプリプロセッサ(HypertextPreprocessor)です。
PHPの歴史を紹介します。。

PHPのはじまりは1995年にRasmus Lerdorfという人が自分で個人用に使うプログラムとして
作られ、当初は「Personal Home Page Tools」として配布を始めました。

配布され、いろいろな人たちがPHPを使うようになると、「こんな機能が欲しい」、「データベースと連携する機能が
欲しい」といった要望が集まり、1997年にRasmus氏はデータベーと接続する機能やデータの検索・追加・更新・
削除が実行できるようにデータベースとの連携機能を追加したり、他の機能も追加したPHP/FI(Personal
Home Page/Forms Interpreter)の開発を始めました。

Rasmus氏はPHP/FIを多くの人が使えるように公開しました。この公開により誰でもPHP/FIに機能を追加
したり、不具合を修正したり、改良を加えられるようになり、PHP/FI2.0として公式にリリースされました。

その後さらに改良が進み、ZeevSuraki氏とAndiGutmans氏が中心となってPHP3の開発が始まり
ました。
PHP3では機能を追加する仕組みがさらに改良され拡張モジュールと呼ばれるものが登場しました。

PHP3からPHPはHypertextPreprocessorと名付けられ、1998年に公式リリースされました。

PHP5からはオブジェクト指向の機能が強化されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です