値と型の比較を行う

PHP4 では、値と同時に型も比較する演算子があります。 === と= を3つ並 べた演算子は、値と型の両方が等しいかどうかを調べます。また!== は値と型の どちらかが異なっているかどうかを調べます。 これらの演算子は「数値とみなすことができる文字列」と、数値そのものとを比 較する必要があるときなどに使用します。たとえば、変数$a に o の文字が代入さ れているときに、

if
($a== 0) のif 文を実行すると、変数$a の oが数値の 0に変換されて比較され、両者は等し いと見なされ、 if 以降の文が実行されます。 しかし、
if
($a=== 0) とすると、 $a は文字列で、比勝す象のOは数値なので、型が違うということになり if 以降の文は実行されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です